中学受験、高校受験は親の受験でもあります・・・。けど、どうしていいかわかりません!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
子供の合格のために親がすべきこと【中学受験】
【無料厳選レポート】
★中学受験 塾が絶対に教えない『合格への近道』
★中学受験 来年の「社会」はこれが出る!(2008年版)
★中学受験「塾の真実」
をプレゼントいたします。以下のフォームから応募してください。
メールアドレス: 
苗 字: 
 
※イタズラと考えられる名前のものは削除いたします。
| - | 00:57 | comments(12) | - |
中学受験にZ会は有効でしょうか?
【質問】

東京都在住の主婦です。現在、長女の中学受験を考えております。
現在5年生とやや出遅れた感がありますが、どこか中学受験の専門の塾にいれようかと考えております。また、Z会や進研ゼミなどの通信教育も考えています。

中学受験の場合、このような手段は有効でしょうか?

【アドバイス】

基本的に中学受験は、大人が考えるより「特殊な」感じです。
といっても、この数年で中学受験の概念もだいぶ変化しました。

昔は難しいところに行くことにこそ意味がある、とか
公立の中学校があまりにも荒れていて私立に行かせるケースがほとんどでした。

しかし現在は、いたずらに難しいところを受験させることではなく、その子や家庭の教育方針に合った学校を選ぶケースが多くなっています。

その証拠に、少子化が深刻になったにもかかわらず、昨年(今年?)の中学入試の受験者数は過去最大でした。

もちろんゆとり教育の影響も大きいと思いますが・・・

ですから、まずは、お子さんをどのレベルの中学校に入学させたいのかを決めることが先決だと思います。

また、Z会についてですが、一度資料請求をなさるのが一番だと思います。
「春からは、Z会」。←小学生のZ会のサイト
| 通信教育 | 00:55 | comments(0) | - |
高校入試の小論文
さて、時代の変化は「点数」の評価から「個の評価」へ移りつつあるようです。
その証拠に、作文や小論文を課題とする私立高校は、40%以上とも言われています。

では、どんな課題なのか、ランキング形式で見ていきましょう。

1位:学校別の課題
2位:高校生活の期待と抱負
3位:中学校生活で記憶に残ったこと
4位:読書などの感想文
5位:私の将来について

などです。これらの対策についてですが、非常に微妙なところです。
本当に「小論文」としての出題であれば、それこそ大学受験で使うような本格的な教材を使う必要があります。

ですから、過去問などを見て、自分の受験する高校ではどんな問題が出題されるのか確認してください。

では、出題者はどんなところを見ているのか。このことを考えるようにしましょう。
これは(あくまでも個人的な考えですが)、

【普通の人】です。

しかし、「なんのとりえもない」という普通の人ではありません。

その高校のレベル(というか、その高校を受験するなら、これくらいは知っていて当然と考えられるもの)の常識というものがあるはずです。

例えば、現在の首相は誰で、アメリカの大統領は誰か?

こんな質問をしたとします。もし、開成高校(日本で1.2位の高校)を受験する生徒が、「そんなの試験に出ないから知らない」なんで言ったらどう思いますか?

当然、こちらとしては、開成を受験するくらいだから、その程度の知識は、仮に試験に出ないとしても、知っていて欲しいと思うわけです。

あとはやはり語彙力ですね。
漢字検定がブームになっている背景に、現在の学力が下がっていることが挙げられます。
(なぜ、そういうロジックになるのか、考えてみてください。)

どんな立派なことを言っていても、それが「ひらがな」で書かれているのか、「漢字」で書かれているのかでは、印象が違います。しかも、字数が決まっている場合、自分の意見を全て主張することはできません。

さて、以前こんな質問がありました。
「これって、感動する文章をかけば、イメージがよくなりますか?」
です。

う〜ん、これはなんともいえません。

小論文を課す本来の目的は、「この受験生は、きちんと論理的に説明ができるかどうか」を見るためであり、その人の思想を見るものではありません。
(もし、思想で合否を決めるなら、それは日本国憲法に違反するのです)

例えば、「死刑はすべきかどうか」という課題があった場合、

A「かわいそう。どんな人にも生きる権利がある」
B「犯罪を犯した人の再犯率は、○○%であり、また、死刑がある国とない国の犯罪の発生率は・・・」

とあれば、Bのほうがいいわけです。
極端な例を挙げれば、「リサイクルはしてはいけない」という、常識的・道徳的にはいいとは言えないことも、論理的に説明できるなら、高評価になるのです。

しかし、「中学校時代に記憶に残ったこと」なんていう漠然とした課題では、どう考えても、そのロジックをみているとは思えません。

ですから、先ほども述べたとおり、
「この受験生は、ウチの高校にふさわしい常識を持っているのか」
というところを見ているのでしょう。

普段から、ニュースや新聞に目を通しておきましょう。
また、漢字検定の3級くらいは完璧にしておいたほうがいいでしょう。

【作文を書くときのコツ】
本当は、「樋口先生」などの参考書を薦めたいのですが、まあ、時間がない受験生も多いと思うので、ここに書いてあることは最低限おさえておくようにしてください。

 〜埖腓淵董璽泙砲靴覆

これ、みなさんやりがちです。テーマだけはやたら立派で、中身は陳腐なんてことがよくあります。いろいろ意見はあると思いますが、「結論」をテーマに持ってきたほうが良いでしょう。なぜなら、試験時間または字数を考えると、話を二転三転させることはできません。自分の主張は1つしかできないと考えてください。

◆,如Δ△訥粥,函,任后Δ泙皇粥,鬚修蹐┐

ま、これはわかりますね。

 週に一回は書いて、誰かに聞かせる

小論文の添削を頼まれると、思うことがあります。
それは、「これは、評価する以前の問題だなぁ〜」ということです。

つまり、「文章になっていない」んです。

はっきり言って、多くの受験生はここで失敗しています。
自分では分かっているつもりでも、他人にとっては意味が分かりません。

特に、普段から、きまった範囲(家族、友人など)でしかコミュニケーションをとっていない人は要注意です。


| 推薦入試 | 23:57 | comments(0) | - |
東京の進学校
さて、いざ高校を調べてみると、「進学校」とそうでない高校の境界線がわかりません。
そこで、一般に教育業界で言われているものをご紹介します。

【私立進学校 最難関レベル】

・開成高校
・桐朋高校
・巣鴨高校
・海城高校
・城北高校
・攻玉社高校
・豊島岡女子高校
・穎明館高校
・成蹊高校
・国学院久我山高校
・国際基督教大学高校

などです。もちろんこれが全てではありませんが、今思い浮かぶのはこんなかんじですね。


| 東京都の私立・公立高校 | 23:57 | comments(0) | - |
高校受験の選び方(原則編)
高校受験で、どの高校を受験すべきか、という相談があります。

はっきり言わせていただくと、そんな漠然としたことを聞かれてもお答えできません(汗)って感じです。
ですが、選択肢がいろいろありすぎて、選べないというのも分かる気がします。

なので、ここで、いくつかの視点から高校をご紹介しますので、参考にしてみてください。

*私自身が東京にいるので、首都圏の高校を中心に話します。ですが、「視点」という意味では、他の地域の方にも参考になると思います。


【学歴=東大?の選び方】
進学率の高いところを受験したい。

そうおっしゃる保護者の方はたくさんいます。
しかし。「進学率」だけで考えると、もしかしたら、思ってもない高校を選択してしまうかもしれません。

まず、「進学率」は、「どこの大学にいくのか」という要素が入っていません。
例えば、都立の難関校を例に挙げましょう。

西や国立、日比谷など、入学時には難関といわれる都立高校があります。
しかし、これらの高校の場合、【浪人して】難関大学に入るケースが少なくありません。

一方、これらのトップ校よりも1ランク下の高校では、浪人してまで難関の大学に入るよりは、現役で行きたいという風潮が強いせいか、現役で中堅の大学に入ることが多いです。

もちろん、全てのケースに当てはまることではありませんが、大学の選択まで視野にいれて、高校を選択する必要があります。

ですが、ここで気をつけておきたいことがあります。
それは、
「東大の合格者が多い高校」=「受験の指導がきちんと出来ている高校」
ではありません。

また、東大の合格者が多くても、早稲田や慶応が少ないなど、よくあることです。
ですが、現在の受験業界の情報では、なぜか東大の合格者で、高校の評価をきめてしまう傾向が強いです。もし、自分の子供を東大に行かせたいのなら、いいかもしれませんが、他の大学も視野にいれているなら、しっかりそのあたりも調べるようにしておきましょう。


| 東京都の私立・公立高校 | 23:33 | comments(0) | - |
塾を『美容院』と勘違いしている親
子供の成績が上がらないと、ついつい塾や予備校のせいにしてしまうものです。
しかし・・・。

親御さんが、塾の批判をするように、実は、塾や家庭教師だって、親の評価をしていることをご存知ですか。

これは、どこの塾や家庭教師の間で語られる、門外不出の【公開厳禁】の裏話です。
少々、辛口のコメントをするかもしれません。
(といっても大多数の方のはあてはまらないと願っています。)

この話は、特に珍しい話では、ありません。
そう、「子供の足を引っ張る親」っていうのは、昔から『定番』なんです。

これらの話が、自分に当てはまっていないか、チェックしてみてください。

塾を『美容院』と勘違いしている親

【こんな人は要注意!】
・大手塾に通っていたが、クラスが落ちてきたので、個別指導に変えた。
・進学塾や個人塾を3校以上変えたことがあるが成績は伸びない

あなたは、美容院に行くと何をしますか?
って、特にすることはないですよね。

ただ、椅子に座って、雑誌を見ながら、希望の髪形を注文するだけです。

あなたが、楽しくお話していても、眠っていても、本を読んでいても、
あなたの髪型は「勝手に」作られていくのです。

これでいいんです。『美容院』は。

しかし、この調子で、塾に子供を預ける親御さんが多いんです。
最近、この手の親御さんが本当に多いです。

子供を塾に預けておけば、「勝手に」成績が上がると思い込んでいるンです。

それでは、実体験からお話いたしましょう。

(ケース1) あまりにも、受験界のセオリーを知らないパターン

数年前、まだ家庭教師をしていたころです。
9月くらいに中学受験を希望する小学生から依頼があり、早速その家に訪れました。

話を伺うと、どうやら、お父さんが都内の私立の中高一貫校の出身で、どうしても子供をそこに入学させたいということでした。

また、お父さんのお話では、自分が出身者であるから、かなりゲタをはかせてもらえる
(要するに、点数がもらえるのです)ということでした。

なるほど、コレはずいぶんいい話だなぁ、と思いました。
しかし・・・。

私が勉強をみることになった、その少年は、面積の計算すらまともにできないのです。
と、これでピンとこない人もいると思いますが、「屐廚髻孱茖瓠廚覆匹吠儡垢垢襪笋弔任后

中学受験生ともなれば、“基本中の基本”です。

そう、彼、そして親御さんは、受験のシステムのことをまったく理解していなかったのです。

その証拠に、公立の学校のテストでも高得点をとることはあまりなく、それどころか宿題をやる習慣もありませんでした。

成績を上げるには演習量を確保することが大事ですが、現実には難しいです

なぜなら、勉強が“続かない”のです。
ですから、まずは、勉強をする「習慣を身につけさせる」ことに必死でした。

ですが、ここでも災難があります。

まず、生徒がウソをつく。これは致命的です。
1週間に一回しか授業がないのに、そのときに宿題を終わらせていない。

1回の授業は60分です。なのに、宿題をしていないから、先にすすめず、その時間を宿題をやらせることにつぎ込む。

これは、最悪のパターンです。お金をもらっているのに、指導すらできず、こちらも罪悪感を感じます。かといって、まったく手をつけていない問題を解説することほど意味がないことはありません。
(まあ、「理解したつもり」にさせることはできますが、実質効果はありません)

しかも、それでも柔道を受験直前まで続ける。

確かに、受験勉強だけが人生ではありませんが、直前くらいお休みをしてもいいのではないかと思いました・・・。状況が状況ですし・・・。

コチラも2人かかりで(私が算数を、もうひとりが国語を)頑張りましたが、結果は・・・。

それでも、お母さんは、「なんで成績が上がらないのかしら・・・」って言ってました。
トホホ・・・。

(ケース2) 先生を心理学のプロと勘違いしている

(ケース3) まさに、全て「人任せ」


自分はあまり関与しない。それで、成績が上がらないと、
「塾では何を教えているんだ!」とクレームを口にする。


近年、このような親御さんが本当に増えました。

もちろん、われわれも完璧ではありませんから、その生徒のためにいろんな話合いをするんです。
しかし、そんな努力をいくらしても、効果が出ない生徒(というか親)がいるんです。

良く考えて欲しいのです。初めて塾に通ったなら気がつかないかもしれません。
しかし、クラスがどんどん落ちていったり、塾を変えても成績が伸びないのは、基本的に家庭に問題があるといえます。





塾に預けておけば、安心
| こんな親は子供の足を引っ張る? | 23:41 | comments(0) | - |
早慶レベルの高校を受験するなら
ケース1「大手の受験をやめるべきかどうか」

中学2年生。受験まで1年2ヶ月。
成績はオール5に近い。ただ、センスがあるというよりは、
努力でなんとかしているという感じ。

悩み:
大手の塾に通っているが、部活との両立が難しいと感じ、一旦塾をやめることを検討中。
現在の学習量が多く、周囲の保護者や学校の先生から、「そこまでやらなくても」と言われ始めたのがきっかけ。

一回、大手の塾をやめて、通信添削講座で勉強し、3年生で部活を引退後、塾に再度入塾を検討中。しかし、これはこれで不安だということ。

私からの回答:

まずは、早慶の受験というところにポイントがあります。
私立のトップ校では、公立の学校では、教えてくれない単元のものや、難易度の高いものもあります。

また、その概念を理解には中学受験の考え方を利用することが少なくありません。
英語は、中学から横並びでスタートしていると思われるでしょうが、実際はそんなことはありません。

単語などを暗記するときの根性は、やはりすごいものがあります。(まあ確かに個人差がありますが・・・)

また、理社に関しても、中学受験組の理解力はすごいです。
というか、すでに一回勉強しているので、勉強量も半分です。

また、数学・国語に関しては、さらに差が激しいです。

特に、数学は中学受験をしているかどうかで、図形や文章題に対する反応が全く異なります。これを、1からやるとなると、相当の時間がかかり、基本的に1年生から勉強していないと間に合わないと思います。

また、周囲の声ですが、これは「当てにならない」と考えた方がいいでしょう。

例えば、早慶に入る受験生にアンケートをしたとしましょう。
このとき、「部活と両立できましたか?」と聞けば、意外に多い人数が手を上げるかもしれません。

しかし、彼らが両立できたからといって、自分の子供が両立できるとは限らないのです。
ですから、目標と自分のお子さんの状況をよく見て判断するしかないのです。

この場合、『正解』を求めるということはいいとはいえません。
『正解』を探すのではなく、そのとき、そのとき、のベストを探すというイメージです。

>オール5に近い

ということでしたが、これは、トップ私立高校を受験するなら、最低条件といえるでしょう。(五科目に関して)

しかし、学校の勉強≠受験の勉強です。

公立の学校の勉強が通じるのは、

・公立の共通問題が出題される一般校
または
・私立の「スベリ止め」といわれる高校

のどちらかです。上記以外の高校を受験しようと思うのであれば、
やはり学校以外の勉強はしておくべきだと思います。


| 【高校受験】塾選び | 18:29 | comments(0) | - |
高校受験の塾選び
高校受験というものは、実は、一番体系化されていない分野なのです。

中学受験では、「公立」高校では、試験などありませんので、「私立型」の勉強をしていれば大丈夫です。

しかし、高校受験の場合は、「私立・公立」関係なく入試が必要になります。
ですが、受験生本人だけではなく、親の認識が甘いというケースが少なからずあります。

まず、「受験生」と聞くと、どうしても中学3年生を意識してしまいますが、これは“危険”です。

なぜなら、3年生になれば、みんな勉強し始めます。すると、どんなに自分が頑張っていても、自分の成績が上がらないので、焦燥感や絶望感(おおげさですが・・・)を感じてしまいます。

では、話を元にもどして、いったいどんな塾にいけばいいのか?

これは、「どんな高校に行きたいのか?」で決まります。

いろんなケースが考えられるので、例を挙げにくいのですが、東京の高校を例に挙げましょう。

東京の場合は、4つのパターンが考えられます。

 ‥堽の一般(共通問題)の高校のレベル
◆‥堽の自校作成問題レベル
 私立のスベリ止めレベル
ぁ〇篶のトップレベル

まずは、自分がどの高校に行きたいのかを明らかにしましょう。
| 【高校受験】塾選び | 17:32 | comments(0) | trackbacks(64) |
■受験英語における『理想』と『現実』
学問とは【抽象化】と【具体化】の駆け引きだ。

---------------------------------------------------------------
富田レポート 偏差値70!『思考』の構造
              2005/03/18 配信
---------------------------------------------------------------

今日、なんとか準決勝に進出しました。
まあ、これはプレゼントみたいなものです。

しかし、こんな試合の流れでは、アメリカがへそを曲げて来年、大会が
なくなってしまうかも・・・

心配です。


---------------------------------------------------------------------
■『ノウハウ』の汎用性
---------------------------------------------------------------------

「この説明書には、うまくいくって、書いてあるのに・・・」


誰しもがこんな経験をしているのではないだろうか?
受験では特に英語においてこういう場面に遭遇する。


「○○先生の参考書はいい!」

「あの▲▲▲っていう参考書のパラグラフリーディングは役に立たない」

「□□の教え方では、英文が前から読めない!」


はっきりと分かることは、こんなことを言っているのは、ライバル講師か、
よほどヒマな受験生である。

そもそも、ノウハウにどれだけの汎用性があるのだろうか?
この世に絶対的に通用するノウハウなんてあるのだろうか?

もちろん答えは、ノーである。

この紛れもない【事実】はみな知っているのだ。

それにもかかわらず、あいも変わらず探している。
【万能の参考書】



==================================================

思考の定住化を拒否すること。

   <ナマケモノ>の戦略               
                    
===================================================


少々、切り口を変えてみよう。

参考書は馬鹿みたいに買ってはダメだ。しかし、それぞれに役割を与えてやるのはどうだろう?

野球の投手の継投だって同じ事。

先発→中継ぎ→セットアッパー→抑え

それぞれの役割をきちんと果たす。肝心なのはその適正を見抜くこと。
抑えの投手に先発をやらせて文句を言っていないだろうか?

そもそもどんな参考書も、その著者が自分の経験を元に、なるべく多くの問題に対応できるように書いてある。

すべての問題に対応しないのは当然なのだ。
しかし、それを理解しているだけではダメだ。アナタが次にすべきことは
早速、自分に必要なものを列挙し、その役割を果たすものを見つける。


結局、どこまでいってもアナタの苦悩と努力は必要なのだ。
その自覚が早いほど、合格に近づける。


| - | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
このページの先頭へ